日本豚病研究会藤﨑優次郎賞受賞者一覧

年月日 受賞者 所 属 受賞理由
1 1993年11月12日 三村 二雄 日本全薬工業株式会社 豚病の臨床検査システムパックの開発と普及
2 1994年5月19日 菅原 茂美 茨城県家畜畜産物衛生指導協会 オーエスキー病をめぐる諸問題
1994年5月19日 中根 淑夫 (株)科学飼料研究所 疾病と病性鑑定の今昔ー特に豚コレラとトキソプラズマを中心として
3 1995年5月19日 豊浦 雅次 豊浦獣医科クリニック 豚のストレス
4 1996年5月17日 赤池 洋二 (株)シムコ わが国におけるSPF養豚の歩み
5 1997年5月9日
  • 津田 知幸
  • 末吉 益雄
  • 吉田 和生
  • 久保 智美
  • 柴田 勲
  • 家畜衛生試験場九州支場
  • 同上
  • 同上
  • 同上
  • 全農家畜衛生研究所
豚流行性下痢(PED)の診断と対策
6 1998年5月8日 岡田 宗典 全農家畜衛生研究所 豚マイコプラズマ肺炎の防除法に関する研究
7 1999年5月14日 清水 実嗣 農林水産省国際農林水産業研究センター 豚ウイルス病の免疫
8 2000年10月20日 倉田 修典 倉田獣医科医院 養豚管理獣医師として教育と人材育成に尽力
9 2001年6月1日 桑原 博義 (財)日本生物科学研究所 豚のウイルス病の予防に関する研究
10 2002年5月31日 駒庭 英夫 栃木県庁 豚コレラB亜型による野外発生と豚腎株化細胞を用いた豚伝染性胃腸炎ウイルスの診断法の開発研究
11 2003年5月16日 石川 弘道 (有)サミットベテリナリーサービス 養豚管理獣医師として農場の衛生飼養管理指導により養豚産業の発展に貢献
12 2004年5月21日 種市 淳 山形県家畜保健衛生所 家畜保健衛生所における養豚衛生指導
13 2005年5月20日 矢後 啓司 (財)畜産生物科学安全協会 大都市近郊養豚における食品資源循環技術の開発に関する研究
2005年5月20日 山本 輝次 元千葉県農業共済組合連合会 豚舎環境と死亡事故の発生状況
14 2006年5月26日 矢原 芳博 日清丸紅飼料(株)畜産研究所 民間企業における家畜、家禽の臨床検査ラボのあゆみ
15 2008年5月16日 山下 哲生 養豚コンサルタント 積極的な生産者教育及び豚コレラ撲滅活動によってわが国の養豚産業の発展に貢献
16 2009年5月22日
  • 河合 透
  • 牛島 稔大
(財)化学及血清療法研究所 ボルデテラとパスツレラ混合精製トキソイドワクチンの開発
17 2011年5月27日 出口 栄三郎 鹿児島大学 九州の養豚農場における集団的予防衛生の向上に貢献
18 2013年5月27日 馬場 建一 北里第一三共ワクチン株式会社 長年にわたる日本豚病研究会への貢献及びワクチンなどの安定供給を通した養豚業界への功績
19 2014年5月23日 北野 良夫 元鹿児島県獣医務技監兼農政部次長 鹿児島県における豚コレラ疑似事例および豚病対策指導
20 2016年5月27日 大井 宗孝
  • (有)豊浦獣医科クリニック
  • エス・エム・シー株式会社
  • 日本養豚開業獣医師協会
養豚管理獣医師として養豚獣医療を推進し、農場HACCPを通して養豚業界へ貢献
21 2017年5月26日 下地 善弘 農研機構 動物衛生研究部門 豚丹毒菌のゲノム研究を通し新たな細菌病ワクチンと検査法の開発に貢献
2017年5月26日 山根 逸郎 農研機構 食農ビジネス推進センター 養豚農家の生産性評価を行い経営改善へ貢献